『夏目巡のせいで眠れない』全話あらすじとネタバレ感想|最終回についても考察!

夏目巡のせいで眠れない』は、元カレの浮気が原因であらぬ噂を立てられ社内で孤立してしまった主人公・紗凪が、女性社員の憧れ・夏目巡と出会い恋に落ちていく物語です。

こんな人におススメの作品!
  • 王道のラブストーリーよりも一味違った展開が好き
  • ミステリアスなイケメンが大好物
  • 主人公と夏目巡の接点が気になる
モモジロウ
紗凪と夏目は過去に関りがあったのでしょうか?
スポンサーリンク

漫画『夏目巡のせいで眠れない』の作品情報

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

作品情報
作者江唯みじ子
ジャンル女性漫画
出版社アムコミ
レーベルG☆Girls

『夏目巡のせいで眠れない』は、江唯みじ子先生原作の女性漫画で、「めちゃコミック」にて独占先行配信中です。

ストーリー
元カレに浮気されどん底に突き落とされた主人公が、過去に接点を持つエリート社員に助けられながら成長していく物語。

紗凪と夏目には過去に関わりがあるようですが、二人の接点は謎に包まれています。

元カレや同僚にはイライラするものの、いつも紗凪を救ってくれる夏目がひたすらカッコイイです!

夏目の目的は分かりませんが、一筋縄ではいかない二人の恋の行方が気になります♪

スポンサーリンク

【ネタバレ】『夏目巡のせいで眠れない』の各巻あらすじと感想

夏目巡のせいで眠れないあらすじ

【1巻(第1話~第3話)】王子様の本性

1巻のあらすじ

このお話の主人公は、27歳の誕生日を一人寂しく迎えた持田紗凪

広告代理店の事務として働いていた紗凪は同僚のケンジと交際していましたが、4か月前に彼の浮気が発覚し破局。

その時に一発殴ってしまった事で“DVしていた”とあらぬ噂を立てられた上、浮気相手の浅田からも“紗凪が嫌がらせしてくる”と嘘を付かれ、社内でも孤立してしまいます。

同僚たちの嫌がらせが酷くなる中、紗凪の部署に本社からやって来たエリート社員・夏目巡が派遣される事に。

一人涙していたところを夏目に見られてしまった紗凪ですが、その日以来彼に気に入られ、やたらと声を掛けられるようになります。

さらに彼は同僚から嫌がらせを受ける紗凪を庇ってくれ、いつしか彼女は夏目に好意を抱き始めていました。

ある晩、夏目から誘われた紗凪は二人で飲みに行く事に。

さらに酔った夏目は場所を変えて話したいと言い出し、紗凪を家に誘います。

このまま大人の関係になるかと思いきや、何故か夏目の態度が一変して…。

>>コミックシーモアで『夏目巡のせいで眠れない』【1巻】を試し読みする

1巻の感想

元カレとその浮気相手、さらに同僚までクズ揃いでイライラ…。

寝取っておきながら紗凪の悪評をでっちあげる浅田にも呆れますが、関係ないくせに嫌がらせをする同僚たちが幼稚で腹が立ちます!

そんな中、夏目はまるで紗凪を救うべく颯爽と現れた王子様のような存在。

紗凪の事を気に入っているようですし、このままとんとん拍子でお付き合いが始まるのかと思いきや、予想外の展開に度肝を抜かれました!

登場したばかりの頃の優しい夏目も素敵ですが、ドSな本性とギャップもたまりません。

この調子でどうやって二人が恋仲に発展するのか、お話の続きが楽しみです♪

【2巻(第4話~第6話)】夏目の正体

2巻のあらすじ

一流大学を卒業し順調にエリート街道を突き進んでいた夏目ですが、どうしても紗凪に付けられた傷が消えません。

紗凪と出会ったのは高校生の頃で、生徒代表として入学式で挨拶をする事になった夏目は緊張のあまり嘔吐してしまいます。

その日以来バイ菌扱いされてしまい、コミュ障な性格も相まって孤立した夏目。

孤独な学生生活を送る中、両親の離婚が決まり年内に転校する事が決まります。

この学校を抜け出せると喜んでいた頃、夏目は放課後に友達を待つ他のクラスの女子生徒・紗凪と遭遇。

この日以来よく顔を合わせるようになった二人は、次第に親しくなっていきました。

紗凪のおかげで転校までの数週間楽しい日々を過ごした夏目ですが、同時に一生消えない傷を植え付けられます。

あの時の雪辱を晴らすべく紗凪に近付いたものの、いつしか夏目は彼女から目が離せなくなっていました。

ある日、高校の同級生だと気付いた紗凪が勝手にグループトークに招待した事で、大激怒した夏目。

弁解のために夏目の自宅を訪れた紗凪が謝罪すると、次第に二人はいい雰囲気に。

紗凪は夏目と唇を重ねながら、彼の正体に気付いて…。

>>コミックシーモアで『夏目巡のせいで眠れない』【2巻】を試し読みする

2巻の感想

今回は、夏目の過去が分かり一気に物語が進展!

紗凪の予想通り、夏目は高校時代の同級生でしたね。

しかし高校時代の夏目は今のようにイケメンではなく、ボサボサ頭が特徴の冴えない少年。

親が離婚したせいで名字まで変わっていますし、気付かなくても仕方ないと感じました。

二人の様子を見ていると、紗凪は夏目の初恋の相手だったのでは…?

二人の交流がとても初々しくて、甘酸っぱい気分になりました♪

中盤では紗凪が夏目の正体に気付きますが、一生恨まれても仕方がない仕打ちをやらかしていてドン引き。

若気の至りとはいえ夏目を傷付けた事は変わりないですし、紗凪は許してもらえるのでしょうか。

【3巻(第7話~第9話)】地獄の終わり

3巻のあらすじ

同窓会の時の夏目の態度に戸惑いながらも、ついつい目で追ってしまう紗凪。

その日の昼休み、紗凪は彼女を慕う同僚から、一部の社員に嫌がらせされている事を部長に相談するよう持ち掛けます。

味方がいると気付いた紗凪が明るい気分になる中、夏目はある事に思い悩んでいました。

夏目と会話した後、紗凪は彼が心療内科の名刺を落とした事に気付きます。

その直後、またも浅田が紗凪から熱いコーヒーをかけられたと大騒ぎ。

紗凪は自分じゃないと訴えますが、味方してくれる者は誰もいません。

その夜、塞ぎ込む紗凪を心配した夏目は、自宅を訪れていました。

翌日、夏目に励まされ元気を取り戻した紗凪が出勤すると、足を踏み外した浅田が階段から転落しそうなところを目撃。

紗凪が身を挺して守る中、それでも悪びれない浅田に業を煮やした夏目は、紗凪を陥れようとする理由を尋ねます。

まるで他人事のような浅田に疑問を抱く中、職場に夏目の母がやって来て…。

>>コミックシーモアで『夏目巡のせいで眠れない』【3巻】を試し読みする

3巻の感想

あの同窓会以来、紗凪と夏目の距離が近付いたようですね♪

夏目は相変わらず素直になれずにいますが、もう両想いに間違いないと感じます。

そんな中、同僚たちから嫌がらせをされ孤立していた紗凪にも味方がいると分かり一安心。

彼女たちが言うように、ここまで酷いと仕事にも支障が出ますし上司に相談した方がいいと思うのですが…。

オトナだからと耐えようとする紗凪にモヤモヤしてしまいます!

しかし、紗凪が階段から落ちそうになった浅田を守った事で同僚たちの見る目が変わったようですね。

紗凪への嫌がらせは落ち着きそうですが、夏目の母親の登場でまたもトラブルが勃発。

母親は問題のある人物のようですし、一波乱ありそうで心配になります!

スポンサーリンク

【見どころ】『夏目巡のせいで眠れない』のココが面白い!

夏目巡のせいで眠れない見どころ

紗凪が面白い♪

主人公の紗凪がとにかくぶっ飛んでいて、見ているだけでパワーがもらえます。

過去の夏目への仕打ちは酷いものでしたが、明るくポジティブな紗凪が憎めませんね。

また、紗凪と夏目の掛け合いも面白くてクスっと笑えます!

くっつきそうでくっつかない二人がもどかしいですが、一味違うラブストーリーを見たいという方にオススメです!

黒幕の正体

浅田を筆頭に、紗凪に嫌がらせをし続けていた同僚たち。

これまでは浅田が紗凪に執着しているように見えましたが、どうやら彼女を陰で操っている人物がいそうですね。

個人的には紗凪と最も仲の良かった坂本が怪しいように感じますが、何か恨みでも買ってしまったのでしょうか?

紗凪と夏目の恋の行方も気になるところですが、この黒幕の正体も気になります!

スポンサーリンク

【結末予想】『夏目巡のせいで眠れない』の最終回はどうなる?

モモジロウ
最終的に、紗凪と夏目は結ばれると思います。

過去には夏目に一生消えないトラウマを植え付けた紗凪。

一度は紗凪への復讐を企てた夏目ですが、結局今も彼女にゾッコンですよね!

孤立している紗凪を庇ったり、落ち込んでいる時に励ましたり…。

ドSだけど優しい夏目がカッコよくてキュンキュンしてしまいます!

今はまだ少しずつ仲を深めている途中ですが、全ての問題が片付いたら付き合う事になるのではないでしょうか。

紗凪が気持ちを認めてしまえば早そうですし、お似合いの二人なので是非最後まで添い遂げて欲しいです♪

スポンサーリンク

まとめ

『夏目巡のせいで眠れない』についてご紹介しました。

強烈なトラウマを植え付けた紗凪に復讐するため、彼女の前に現れた夏目巡。

しかし共に過ごす中で紗凪に惹かれた夏目は、いつしか彼女から目が離せなくなります。

若気の至りから夏目を傷付けてしまった紗凪ですが、今は反省していますし、読者としては結ばれて欲しいところです。

元カレの浮気がきっかけで孤立したものの、夏目のおかげで好転した紗凪。

誰が紗凪を陥れようとしているのかも気になりますし、悪役たちに天罰が下る事も期待したいと思います!

スポンサーリンク