『おひとり様には慣れましたので。』全話あらすじ・ネタバレ感想|ニコルとケイオスの恋の行方は?

『おひとり様には慣れましたので。 婚約者放置中!』は、婚約者同士の誤解から始まるすれ違いラブ♪

自分よりも他の女性のことが好きだと勘違いしてしまい、自ら婚約者・ケイオスと距離を置いてしまったニコル。

一方、ニコルが離れてしまったのは自分のせいだと気づいておらず、余計に状況を悪化させてしまうケイオス。

たび重なるすれ違いから二人の距離はどんどん離れてしまう…。果たしてすれ違いカップル、ニコルとケイオスの恋の行方は…?

この記事に書かれていること
  • 『おひとり様には慣れましたので。』の作品情報
  • 『おひとり様には慣れましたので。』の全話あらすじ
  • 『おひとり様には慣れましたので。』のネタバレ感想
  • 『おひとり様には慣れましたので。』の見どころ
  • 『おひとり様には慣れましたので。』の最終回・結末はどうなるのか?
スポンサーリンク

漫画版『おひとり様には慣れましたので。 婚約者放置中!』の作品情報

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

作品情報
作者晴田巡、荒瀬ヤヒロ
ジャンル女性漫画
出版社一迅社
レーベルcomic LAKE

荒瀬ヤヒロ先生原作の『おひとり様には慣れましたので。』は、ひょんな勘違いから始まった婚約者同士のこじらせすれ違いラブ・コメディ!

小説家になろう発!2024年3月29日から待望の漫画版が「comic LAKE」にて連載開始され、話題沸騰中の作品となっています!!

原作小説はすでに完結済みとのことですので、この記事では漫画版のあらすじや感想をメインにご紹介していきます!!

>>コミックシーモアで『おひとり様には慣れましたので。』を試し読みする

スポンサーリンク

『おひとり様には慣れましたので。 婚約者放置中!』全話あらすじ・ネタバレ感想

【1話】フィアンセからの誘いが無い…

ニコルという婚約者がいながらキャロライン王女に現を抜かすケイオス。すっかり放置されたニコルは、彼との恋愛は諦め一人になることを決めた。

そんななか年に一度の行商が開催されることになる。去年はケイオスと一緒に行商へ行ったニコルだが、その時はキャロラインの事ばかりでいい思い出がなかった。

しかし今回は一人だ。何も気にせず自由に行商を楽しむことができたニコルは、充実した一日を過ごした。

後日、いつも通り登校したニコルだが、行商の誘いが無かったことにケイオスは激怒していて…。

>>コミックシーモアで『おひとり様には慣れましたので。』を試し読みする

1話の感想

他の女とのイチャイチャを見せつけられて、我慢するなんて絶対に無理…!

ニコルの「一人になる」という選択は正しかったと思います。

行商の誘いがないからと激怒されても、そんなこと知りませんって感じですよね。

というか、婚約者をないがしろにしておいて、それを言う資格なんてありませんよね。

まず、自分の胸に手を当てて考えてみなさいと言ってやりたいです。

【2話】すれ違う二人…

キャロラインにご執心のケイオスに見切りをつけたニコルは、以前にも増して一人でいる時間が増えるようになった。それと同時にまわりの令嬢から好奇の目にさらされてしまう。しかしニコルは、全く気にしないどころか、むしろ清々しい気分だった。

一方、生徒会室ではキャロラインとケイオスが話し合っていた。実はキャロラインは、隣国の王太子との婚約が決まており、時期に国を離れることになる。

ケイオスは幼馴染のキャロラインが学園にいる間だけでも彼女の役に立とうと考えていたようだが、ニコルの目にはそうは映らなかった。つまりすれ違いである。

ケイオスは端からニコルと別れるつもりなどない。しかし、本来優先すべきニコルをないがしろにし、キャロラインを優先させたことにより、招いた結果なのだ。

そして何よりも厄介なのは、ケイオス自身がことの重大さに気づいていないことだった。

2話の感想

どうせこんなことだろうと思っていました。ちゃんとケイオスが事情を説明していれば、ニコルは勘違いしなくて済んだでしょうに、恋って難しいですね。

彼女なら分かってくれているだろうという先入観が今回の事態を招いたと言っても過言ではありませんよね。

花祭り当日だというに肝心の花を用意していなかったケイオスは、そのことを同僚に指摘され、急いで彼女のもとへ向かいました。

しかしそこでもすれ違いの嵐!ケイオスが男らしく「お前が好きだ」と言えば、話は済むのでしょうが、そうはいかないからこそ面白い!!

モモジロウ
いったいふたりのすれ違いはどこまで続いてしまうのでしょうか…?

【3話】妙な噂話

おひとり様を満喫するニコルは図書室で読書を楽しんでいた。そこへロベリアの婚約者・エミリオが入室していくる。ロベリアからニコルのことを聞いていたエミリオは、念のためニコルにあいさつしようと近づいた。

しかし彼女の瞳には涙がこぼれており、何だか声を掛けずらい状況だ。単にニコルは物語に感動して泣いているだけなのだが、それ見たエミリオはとんでもない勘違いをしてしまうのであった。

それから数日後、学園では結婚を機に隣国へと旅立つキャロラインにケイオスも一緒について行くのではないかとう噂が流れていた。もちろんその噂はニコルの耳にも入っていた。

さらには、ニコルがイリーガル語を勉強しているのはケイオスを追うためだの、根も葉もない噂が学園中に飛び交っており、事態を重く見たキャロラインは、ニコルをお茶へ誘い心境を探ろうと試みるのだが…。

3話の感想

エミリオにとんでもない誤解をされてしまいましたね。確かにニコルが置かれている状況が状況なだけに、あの独り言は紛らわしすぎる!(笑)

エミリオが勘違いするのも頷けますね。それよりも個人的には、エミリオから聞いた話に激怒したロベリアが、ケイオスに向かって「この外道!」と喚き散らすシーンが最高でした!

最初はニコルを憐れんでいる雰囲気だったので、いけ好かない女性だと思っていましたが、一瞬で好きなキャラになりましたね。

また、二人の関係に危機感を覚えたキャロラインは、直接ニコルと会って話を聞くことになったのですが、ニコルの「彼との関係は完全に割り切ってます」発言に驚愕!!

その後生徒会室に戻ったキャロラインは、事態は予想以上に深刻だったことをケイオスに告げます。それを聞いた彼は、果たしてどう動くのでしょうか…?

【4話】全く分かってもらえず…

ニコルと話し終わったあと生徒会室に戻ったキャロラインは、ケイオスにありのままを説明した。それを聞いて焦ったケイオスは、ニコルをカフェに誘い事情(キャロラインとの関係)を説明する。

しかし必死に誤解を解こうとするケイオスだが、ニコルは全く理解してくれない。それどころかニコルは、ケイオスがキャロラインについて行った後のこと、つまり「白い結婚」の方が重要のようだった。

今のニコルに何を言っても無駄だと感じたケイオスは、完全にお手上げ状態になってしまうのであった。

4話の感想

ケイオスが言葉足らず過ぎる!ニコルのことが好きなのは十分理解できましたが、あの伝え方じゃ分かってもらえないもの当然ですよね。

ここは男らしく、ニコルの目を見て「お前が好きだ!」と言えば少しは分かってもらえそうな気はしますが、これも” 男のさが ”とかいうやつですかね。

完全に見限られてしまっているケイオスですが、ここからどうやって挽回するのか、じっくり見せていただきましょう♪

スポンサーリンク

【面白い】『おひとり様には慣れましたので。 婚約者放置中!』の見どころは?

おひとり様には慣れましたので。見どころ

Check

この作品の見どころは、何といってもケイオスとニコルのすれ違い!!

「ケイオスはキャロラインのことが好き」だと、思い込んでいるニコル。とんでもない勘違いをしてしまったニコルは、彼との関係を割り切って一人になることを選びます。

一方、ニコルがそんなことを考えているとはこれっぽっちも思っていないケイオス。彼女の気持ちが完全に自分から離れる前に今の状況を把握し、行動を起こしてほしいです。

じゃないと二人に明るい未来はありません。しばらくの間、この関係が続くと思われますが、どこかのタイミングでケイオスがニコルの気持ちに気づくことを願っています。

スポンサーリンク

【考察】『おひとり様には慣れましたので。 婚約者放置中!』の最終回・結末について

すれ違いカップルの恋の行方が気になる本作ですが、小説版を読む限り、わだかまりはなくなったにしろ、ケイオスは最後の最後までニコルのことを追っかけているみたいですね♡笑

おひとり様に慣れすぎたニコルの余裕ぶりと、必死に彼女を追いかけるケイオスの温度差が激しすぎてもどかしい反面、そんな二人を見ていてホッコリしました!

でも、ちゃんと最後は結婚の約束もできたようですし、何だかんだハッピーエンドでよかったです♪

スポンサーリンク

まとめ

今回は『おひとり様には慣れましたので。 婚約者放置中!』のあらすじや感想を紹介してきました!

原作は「小説になろう」で連載されており、すでに完結しています。

いち早く結末を知りたい方は、小説を読んでみるのも手ですね!

モモジロウ
今はすれ違っている二人ですが、最後はきっと分かり合えると思います♪
スポンサーリンク